金融商品取引業者様への外部監査

金融商品取引業者等検査マニュアルの金融商品取引業者等のあるべき姿には、会計監査人等による実効性ある外部監査が望ましいとされております。

 具体的には、「金融商品取引業者等は、法令等の遵守状況や各種施策の機能を適宜、若しくは定期的に評価・改善することが投資者の信頼保持に資するものであることを認識し、客観的かつ厳正な評価を行うための内部監査又は外部監査を行う態勢を整備すべきである。」「重要な事項については、内部監査に加え、定期的に外部監査等による評価を受けるなど、業務運営の適切性を図るための措置を講じる。」「代表取締役及び取締役会は、会計監査人等による実効性ある外部監査が、企業収益の獲得及び適切なリスク管理に不可欠であることを十分認識しているか。」等が記載されております。

ファンドがうまく組成されたのち、ファンド会計や投資家様への報告書の作成等の、いわゆるアドミニストレーション業務を受託しております

 第一種金融商品取引業者や投資法人等は、金融商品取引法や会社法、投資信託及び投資法人に関する法律により、一般的に外部監査を受けているかと思います。一方で、第二種金融商品取引業者や投資運用業者等は、取扱金額が大きい場合にも、法定監査でない外部監査を受けていないのが実情です。

 私たちGinza Yuwa公認会計士共同事務所は、金融商品取引業者での業務経験と大手監査法人での金融商品取引業者に対する監査経験や内部統制支援を行った者により構成されております。金融商品取引業者様に対し、リーズナブルなコストで、実効性のある外部監査業務を提供しております。

お電話でのお問い合わせはこちら TEL:03-6274-6472
お問い合わせフォーム まずはお気軽にお問い合わせください
totop_arrowページトップへ